コラム

不動産仲介のLINE追客は有効なのか?

お世話になっております。
ミカタの荒川です。

日本人のコミュニケーションツールのもはや常識ともいえるLINE。
LINEは日本国内では72.9%が利用しているため、ビジネスシーンでもLINEを活用するケースが増えてきています。
今日は不動産仲介のシーンにおいてLINEでの追客は有効か?という点についてご紹介させていただきます。

結論、LINEでの追客は非常に有効です。

”お客様とのコミュニケーションが楽になる”というのはLINE追客するメリットでもありますが、
一番のメリットは、「お客様の満足度が上がり、結果として成約率が上がる」という点です。

▼お客様メリット▼

・連絡が早くてスムーズ
・LINEであれば情報を連絡を見落とさない

ある不動産会社がLINE追客を導入し、成約したお客様に対して、
「なぜ当社を選んでくれたのか?」というヒアリングを実施したところ、
64.5%が「レスが早かったため」と回答しています。

不動産仲介をするうえで、即対応は基本中の基本で、選ばれる不動産会社になるためには必要不可欠です。
特に競合が多い状況であれば、レスが遅いだけで選択肢から外れてしまいます。

まだLINE追客を実行していない企業様は、選択肢としてLINEを持っておいてもよいでしょう。

最近ではLINE追客をサービスとして提供する会社も出てきました。

追客のスピード感や反応率に課題を感じている企業様は、
新しい施策として検討する価値が十分にあります。

※ちなみに下記のサービスはLINEでの追客だけでなく、画像付きの物件提案も可能です。

資料:https://store.f-mikata.jp/line-tsuikyaku/

LINEでのコミュニケーションが確立されているだけで他社との差別化にも繋がります。

ご参考に。

LINE追客

-コラム

© 2020 ミカタストア|不動産会社向け資料検索サイト