コラム

電話番号しかわからない見込み客にはどのようにアプローチするべきか?

お世話になっております。
ミカタ荒川です。

電話番号はわかっているけど、メールアドレスはわからない。という見込み客を抱えている企業様も多いと思います。

短期のお客様であれば、電話さえ繋がってしまえばあとは営業力で何とかなったりするのですが、
問題は長期の追客。

電話番号だけのお客様は長期追客が非常に難しいです。
電話に出ないのは当たりまえ、かといって電話をかけ続けるわけにもいかない。

私も現場時代、電話番号しかわからないお客様にコールし続け、「出た!」と思ったら怒鳴られた、という経験を何度もしています。

電話でのコミュニケーションはお客様との信頼関係を構築するためには非常に大切です。
かといってこちらから電話しまくるのは、営業マンの都合でしかなくお客様本位ではありません。

では電話番号しか知らない長期見込み客にはどのようにアプローチするべきか。
結論としては「お客様からリアクションしてくれる仕組みづくりをする」というのが重要です。

先日ミカタストアにSMSハンターというサービスが掲載されました。

SMSハンターは電話番号さえあればショートメッセージを送ることができるサービスです。

このサービスの優れているところは、

・ステップ配信で電話番号しかわからないお客様でも長期追客が実現
・文章テンプレートが揃っている(200種)
・1クリックで反響が取れるようにランディングぺージが作成されている

特に1クリックでリアクションが取れる機能は他の追客ツールにはない大きな特徴と言えます。

いずれにしても、電話番号しかわからない場合でも工夫次第ではリアクションが取れる。ということです。

電話番号を活用して長期追客を実現したい企業様は是非SMSハンターをダウンロードしてみてください。

資料:https://store.f-mikata.jp/sms-hunter/

ご参考に。

今後ともよろしくお願いいたします。

-コラム

© 2020 ミカタストア|不動産会社向け資料検索サイト