フランチャイズ

ペット共生型障がい者グループホーム わおん

\マーケット規模3.0兆円
空室リスク最小の障がい者グループホーム事業

皆さまは、増加する軽度障がい者の「住宅不足」という問題があることをご存知でしょうか?

なんと日本人の12人に一人は何かしらの障がいを抱えており、軽度障がい者は国内に900万人います。

そんな障がい者の方々は障がい者グループホームという場所での暮らしを望んでいますが、現在数が非常に不足しています。

 

障がい者グループホームは、障がい者総合支援法に基づく福祉サービスになり、開設するには各都道府県からの指定が必要です。

開設後、グループホームを運営すると毎月「給付金」が、国から事業主に支給されるのが特徴です。

給付額は地域により異なりますが、一人の入居者に対して毎月、平均17〜20万程度になります。

【無料】今すぐ資料をダウンロード

 

初期費用・料金体系

初期費用 1200万〜
月額費用 毎月の訓練給付金からの3%

※詳細な金額は資料をご確認の上、提供会社へお問い合わせください。

サービスの特徴

ご利用可能な業種 すべての業種
おすすめの従業員規模 すべての従業員規模

無料トライアル・無料プラン

無料トライアル -
無料プラン -
ミカタストア特別プラン -

※詳細は資料をご確認の上、提供会社へお問い合わせください。

【無料】今すぐ資料をダウンロード

 

ペット共生型障がい者グループホーム わおん5つの特徴

【空き家を最大限に活用】

障がい者グループホームは空き家、アパート、民泊施設、シェアハウスなど非常に多くの物件が活用可能。

また、障がい者平均入居は19年と、かなり長期であるため、最も安心出来る空室対策のひとつといえるでしょう。

【今の時代にピッタリな安定事業】

障がい者グループホームが安定事業といわれる3つの理由は

  1. 毎月必ず「給付金」が事業主に支給
  2. 平均売上240万の「7割」が給付金(※8居室)
  3. 入居型事業なので毎月の収益安定

【これまでになかった社会貢献型サービス】

「わおん」事業は安定した収益事業というだけではなく、社会貢献型サービスになります。

  • 障がい者の約40万居室不足する住まいの受け皿
  • 年間35000頭殺処分される犬猫の命のレスキュー
  • 空き家問題の解決

【初めての福祉事業を成功させるために】

開設・運営の成功には様々なノウハウ・情報が必要ですが「わおん」は毎月30棟のグループホーム開設実績があります。

事業主様の78%は未経験です。

皆様が成功するサポートが出来るのは「わおん」だけです。

【フランチャイズ契約はもう古い】

「わおん」は、事業主様にとって自由度が高い契約ルールを導入。

必要なサポートを都度コンテンツ購入する「レベニューシェア契約」になります。

フランチャイズ特有の強い縛りがなく、今の時代にマッチしてます。

他サービスと比較した際の強み

差別化ポイントは、不動産事業者様がはじめての福祉事業を成功させるための「圧倒的サポート力」があるということです。

わおんの「超強い・サポート力」とは

  • 求人サポート力(自web求人で毎月有資格者への応募100名超え)
  • 物件サポート力(小会社でしっかりサポート!)
  • 行政申請サポート力(研修、勉強会多数開催)
  • 運営サポート力

以上のサポートにより、わおん障がい者グループホームは2年間で開設数370拠点、毎月30棟の開設実績があります。

こんな不動産会社様におすすめ

  • 3年5年7年と長期にわたり利益貢献してくれる事業を始めたい方
  • 景気に左右されにくく、売上・利益が安定している事業を探している方
  • 「第二の柱」と呼べるようなボリュームの収益をもたらしてくれる新規事業を検討している方

【無料】今すぐ資料をダウンロード

 

提供会社

会社名 株式会社アニスピホールディングス
住所 東京都千代田区九段南3−1−1久保寺ビルディング3階

この会社のサービスをすべて見る

-フランチャイズ
-, , , , , ,

© 2021 ミカタストア|不動産会社向け資料検索サイト